HOSPITALITY BASIC
ホスピタリティベーシック

SERVICE

浸透フェーズ

  • 開発
  • 認知
  • 理解
  • 創造
  • 体得
  • 実践

社員の時間が取れない中で、どうやってクレドの浸透活動を効率よく進めるか?

その課題に対する回答が「ホスピタリティベーシック」です。

弊社コンサルタントが毎日作成している“生きたクレドコラム”をタイムリーにお届けします。

ホスピタリティ、顧客志向…をすべての社員が実践できるように、日々トレーニングするためクレド的な考え方、
他企業のクレド事例などがふんだんに盛り込まれた教材です。

ホスピタリティベーシックの概要

  • ◆ 【毎日1枚が届く】 朝礼や夕礼の時間を利用した3分間ケーススタディ

    ・メールかFAXで届くこのコラムは、朝礼や夕礼の引継ぎ時間を上手に活用して使います。

    ・毎日の短い時間で、業務との関連をもたせながら、「私達だったら…」と考える。これが、ホスピタリティの瞬発力を醸成させる秘訣です。

  • ◆ バックヤードや休憩室への掲示

    ・常にスタッフが利用する場所に掲示して、いつでも見ることができるようにします。「いつでも見て考える」習慣づくりの第一歩です。

  • ◆ バックナンバーをファイリングして「ホスピタリティの教科書」に活用

    ・新人に今までの私たちの考え方を教えていくために、過去のホスピタリティベーシックをファイリングして教科書として活用することもできます。

CREDO LETTER

ページトップへ